読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろに明日は無い

ジャニーズとか。バンドとか。

2015-3-29 ViViD 名古屋CLUB QATTRO

ViViDのラストライヴ、パシフィコ横浜の感想でもまとめておこうと思ったのだけれど、その前にまずはセミファイナルの名古屋でのライヴの感想をと思って。

 
仕事が年度末めちゃくちゃ忙しくて、特に3月の最後の週は一年でイチバン忙しくて…
 
名古屋がこの日でなければ私はラスツ、パシフィコ横浜だけになっていました。
 
友達と駅で合流し、いざ名古屋へ。
 
ホームで友達からチケットを受け取りました。
 
人生で初めてのFCチケット。
 
ViViD解散の噂が流れたあのライヴで、友達は噂とか関係なくViViDに惹かれて驚異のスピードでFCに入りました。
 
整理番号は3ケタだったけど、なかなか良い番号だったのでウキウキしてました。
 
会場に着いてみると物販列が階段に出来ていて、これはやばいと猛ダッシュで駆け下りて列に並び、無事にお目当てのものはゲット出来ました。
 
そんなに早い時間に行ったわけでもなかったから、トイレ行ってプレゼントBOX探してたりしてたらあっという間に開場時間になって、やばいやばい言いながらも余裕を持って列へ。
 
この時点で既に目眩がしそうなほど緊張してて。
 
始まれば落ち着くだろうって、いつもそうじゃん?って思って会場入り。
 
前から5、6列目くらいのセンターを陣取りました。
 
友達はイヴが好きだから下手側に居て。
 
もし途中ではぐれても気にせずひとりで楽しもうね!なんて言ってたんだけど、メンバーが登場してイヴが来た途端曲も始まってないのに下手側が前に押されて速攻はぐれた!
 
と言っても少しだけだったから話せる距離のところにお互い居て、押しやばいねなんて言って笑いあった。
 
今日は間違いなくヤバイ日になるって確信した瞬間だったな(笑)
 
一曲目は「夢」〜ムゲンノカナタ〜
 
友達と一曲目は何かな?って話してたんだけど、これがくるとは思ってなくて最初からテンションMAX!!!!!!!
 
この曲、2番の"ガラス玉の中広がる〜"のとこでやるフリが超好きなんすよね〜〜〜
 
Little DreamerTHEATERとやったところまでは覚えてるんだけどあとは曲順の記憶無し(笑)
 
ViViDさんMC小まめに挟んでくれないからセトリ順番に思い出せないんだよね;;
 
とりあえず悪女♂トリッキーで完全に友達とはぐれたことは覚えてる。
 
最初は下手側だけだったけどもちろん真ん中が無事でいられるわけもなく…私も前に前に押されて気付いたら前から3列目くらいに居た。
 
人生で初めてあんな前でライヴを楽しんだ。
 
もうあの場所は二度と経験出来ないだろうな。
 
この後、あの場所に居たがために結構ツライことになってしまうんですよ…
 
とにかくもう棒立ちで観ていられないほどぎゅうぎゅうの中に居て、いや最初から棒立ちで居るつもりはなかったけど、とにかく折りたたみとか隣の人と息を合わせて同じ動きしなきゃ!ってくらい狭くて…
 
ViViDのライヴで初めて本当のライヴを経験したなって思った。
 
だいぶ体力消耗したところでCrescent。
 
あぁ、バラードコースに突入したな…とちょっとホッとしたりもして、シンの高い声はCD音源、低い声の方が生歌だから!と自分に言い聞かせながら聴いてました。
 
Crescentが終わると少し無音になって、私はなぜかここで直感的にEVERがくると思ったんですよ。
 
というのも私はずっとViViDのライヴでEVERを聴きたいと思っていて、ラスツでEVERをやる確率が多かったからこれはもう名古屋で絶対聴きたいと思っていて。
 
あの静かな空間から"桜散る春景色〜"と聴こえてきたときは、感動のあまりワンフレーズ歌っただけで涙がボロボロこぼれてきました(笑)
 
CD音源なんかよりはるかに良かった。
 
ずっとCD音源のEVERは声を張り上げてる感じが合ってないなあと思っていて、でもあの日のEVERはそんなことなくて、一言一言丁寧に優しく包み込むようにシンは歌っていた。
 
"春風 夢を見たあの頃に"の春風の歌い方が本当に好きだった。
 
そんな感じでボロボロ泣いてたらMCになって。
 
もうあんまり覚えてないんだけど、やっぱり話すことと言ったら名古屋なので手羽先食べたとかそんなことで。
 
個人的にはKo-kiの第一声がとても嬉しいことだったんだけど、これを言ってしまうといろいろやばいので割愛させて頂きます。
 
MCあけの夏風〜endless love〜はもう定番だよね。
 
私は初めて行ったViViDのライヴ、この曲で号泣したんですよ(笑)
 
今思えばあの頃まさにViViDは解散することをメンバー内で何度も話し合ってた時期で。
 
シンはその頃MCで「辛いこといっぱいあると思うけど、今日のライヴで少しでも何か吐き出して明日から前向いて生きて行こうと思ってくれたら…」的なことをどの公演でも言っていたらしいんだけど、まさしく私はシンのその言葉が嬉しくて涙を流したんですよ。
 
その言葉のあとすぐに夏風のイントロが流れてきて、それが凄く心に染みた。
 
それから夏風が大好きになった。
 
まさかそんな状況から放たれた言葉だとは思ってなかったから、あの時は素直に自分の辛かった日々のこと思い出して泣いてたな…
 
話が脱線してしまったけど、夏風はAメロでリズムに合わせて左右に一歩ずつ動く動きをしたくて、でもみんなやってないから1番では出来なかったんだけど、2番になったら零乃と怜我がまさに私がやりたいと思ってた動きをしてくれて、嬉しくて同じ動きをしたら零乃に笑顔でガン見された(笑)
 
だから負けずにこちらも笑顔でガン見で対応。(正しくは笑顔で硬直)
 
ハートとばすとか、もっと私に対応力があれば零乃もそれなりに返してくれたのかな…と今さら凹む;;
 
そういえば夏風はひとつ前のライヴ(ANTHEMツアー初日)で、シンに"君の手を〜"って歌詞のとこで手を差し伸べられたなあ…勘違いでなければ(笑)
 
あゝ夏風〜endless love〜好きだ。
 
その後はThe Devil whispersvanityなど激しい曲が続いてJ-guildで今まで感じた事のない経験をした。
 
簡単に言うとあ、耳壊れたなって感覚がした。
 
それでも聴こえなくなったわけじゃないし、こんな楽しくて幸せな空間から立ち去るなんて選択肢は頭の中に無くて、そのままずっと前方でライヴを楽しんでた。
 
最後の2曲、riskとRIDE on timeはもうクタクタで息切れが酷かった。
 
アンコール最初の曲はThank you for all
 
不思議なことに私はこの曲聴いても涙が出てこないんですよ。
 
どちらかと言うとFrom the beginningの方が泣ける。
 
周りがどうだったかは分からないけど、とにかく私は真剣にViViDがこの曲にかけた思いをしっかり受け止めてた。
 
そしたら最後の、本当に最後のシンが歌い終わって零乃のギターが響き渡ってる最中に、なぜかシンが上手側の一点を凝視してて。
 
あの表情で誰かに何かあったんだと直感で分かったけど、演奏もあと少しだったからか止まることなく続けられて。
 
終わってからシンが「大丈夫?」って声かけても誰も返事しなくて。
 
会場は少しざわついたけど、シンがまた「何があった?」だったか「どうしたの?」だったかとにかく言葉は忘れたけど何かを問いかけて、そしたら「分かんないけどいきなり痙攣起こして倒れちゃって…」って声が返ってきた。
 
袖からスタッフ出てきたけど私の位置からじゃその子がどうなったか分からなかった。
 
シンは「みんなも体調悪くなったら遠慮せず言ってね、すぐ止めるから」とか「周りの人もちゃんと助け合ってね」なんて言って「じゃあまた盛り上がっていけるかー!!!!」って煽ってDistance of mind
 
この雰囲気の中この曲ですか!!ってなったけど仕方ないよね。
 
きっとあの空気の中この曲をやるのは気が引けただろうに…(笑)
 
その次はsurviveだったんだけど、この曲でまたシンの心配な顔を私は見た。
 
とにかくもうモッシュモッシュモッシュって感じでsurviveが一番激しかったんだけど、シンが歌うのをやめてまた一点を凝視するもんだからシンが見つめる先を見てみたら、私の斜め後ろで将棋倒しのように人が倒れてた。
 
正直あそこまで激しいViViDのライヴ初めてだったからマジかよって若干思ったんだけど、ノることがイコール押すことではないだろと思った。
 
あんなシンの表情をあんな短時間でまた見ることになるとは思わなかった。
 
surviveのあとはGood Morning Worldだけどその前にMC。
 
そこでシンが言ってたよ、盛り上がってくれて嬉しいけど「怪我してない?よね?」って。
 
深刻な感じではなく、シンのあのふわっとした感じで言ってた…って言っても伝わらないよね(笑)
 
ステージ上から見たらどんな景色だったんだろう。
 
痙攣起こして倒れたことが先にあったから、心配性なシンが余計心配してしまったのかもしれないけど…あのsurviveは私的に無いと思った。
 
ごめんね、こんなこと思ってしまって。
 
MCは断片的にしか思い出せないんだけど、「メンバーからも伝えたいことあるだろうから…まずは零乃」って言って零乃が話してくれた。
 
「今日で地方のライヴがファイナルで、もう残りのワンマンライヴは2本しかない。赤坂BLITZパシフィコ横浜。もちろん今までやってきたそれぞれの場所で、これでライヴが最後だったっていう人もいるだろうし、全箇所のチケット取って俺らと一緒に回ってくれてた人もいるよね?会場見渡してて、あ~あの子また来てくれたんだとか、そういうの手紙読んでても思ったし、本当に励みになった。きっと交通費とかも高いだろうしホテルも?予約とかして、ね?」って。
 
零乃の言葉は遠征していっぱいライヴ行くバンギャ、ギャ男には嬉しい言葉だったよね。
 
それにしても零乃が話し出した途端ベラベラ喋り出した私の前に居た女絶対に許さん。
 
なんであのタイミングで喋り出すかね??!!!?!?
 
こっちは真剣に零乃の言葉聞きたかったのに、あそこの人がどうとか聞こえてきてそんな話ライヴ会場から出てからしろやってグーパンチしたかった。
 
まあしばらくしたら黙ってくれたんだけどそこでイライラしちゃったから話が覚えられなかったっていうのもある。
 
零乃が話終わって次は誰かなって思ったらシンが話し出して、あれ?他のメンバーは?って思ったのは私だけかな?
 
確かにあの時シンは「まずは零乃」って言ったと思うんだけど…
 
時間の関係もあって全員は無理だってなったのかな?
 
シンの話は内容がふたつに別れてしか思い出せないんだけど、
 
「ライヴで歌ってるとき、たまに孤独感に襲われることがある。みんないるけどひとりで歌ってる感覚になるときがあって、そういうときはライトを見るの。そうすれば目がつぶせるから。でもね、一ヶ所だけずーっとライトが眩しくて何も見えない、会場のみんなの顔も見えないとこがあって。やべえどうしようって不安になった時、一曲だけバラードの時に会場の証明が落ちてみんなの顔が見えた時、俺すげえ救われたんだよ。」
 
だからみんなの顔や声は力になる的なことを言ってた。
 
ちなみにライトが眩しくて何も見えなかった会場は、みんなのレポ見てる感じだと京都のことだったらしい。
 
「今回のツアー、ライヴ会場だったりを準備してくれた制作会社にたまたま中学の時の同級生の女の子がいて、「あれ、なんとかさんですよね?」って言ったら向こうは全然覚えてなかったんだけど。そんなね、久しぶりに会った同級生に覚えられてない地味で目立たなかった俺が、学校の文化祭で人前で歌を歌って。こうすれば目立つことが出来るんだって思ったの。うちは勉強しなさいって言われる家で。勉強、勉強、勉強だったけど、俺は歌を歌いたかった。親に言ったらもちろん反対されたの。でもどうしても歌いたかったから「ちゃんと勉強するから歌わせてください」って言って、結果しなかったけど。それで高校卒業したらやっと東京に出させてもらえて、バンド組んで。いっぱい解散もしたし、いっぱい辛い思いをした。…ViViDも終わるけど……終わるけど…!!俺ら終わるじゃん?!
 
なんかね、終わるって言葉を聞かされた時、終わるんだって思った。
 
いや、すごく小並感だけど、うん、そう思ったの。
 
文字からじゃ伝えられないのが悔しいんだけど、最初の終わるけど…は普通に言ってて、2回目の終わるけど…!!終わるなんて言い方してしまったけど間違ってはないから開き直るような感じで力強く、そして俺ら終わるじゃん?!は会場のみんなに訴えかけるように言ってた。
 
そしてここからの記憶が無い。
 
たしか、今のメンバーに出会えて、今の事務所に出会えてよかった的なこと言ってました。
 
最後、Good Morning Worldが歌い終わってみんながそれぞれ好きなメンバーの名前呼んでたんだけど、その声が自然と「アンコール」に変わってた。
 
まだメンバーがステージ上に残ってる状態でのアンコール。
 
あんなに激しいアンコールはきっとViViD史上初だったんじゃないかな(笑)
 
何人か袖にはけてたっぽいけど零乃とシンが若干驚いた感じの顔してたのは覚えてる。
 
激しいアンコールの中、マイク握って「やるかーー!!!」って言ってくれたのは零乃。
 
最初、やらないの意味だと思ってちょっとふてくされたのはここだけの内緒ね(笑)
 
零乃に、あとで写真撮りたいんだけどいい?って言われたから多分ステージに残ってたのは写真撮ろうって言いたかったのかなと。
 
みんな素直にいいよ~~って返事した後は、じゃあ何やる?ってなって。
 
そしたらみんな思い思いにやってほしい曲を言い出して(笑)
 
私が聞く限りではやっぱりDearが多かったし私もDearしかないと思ったからDearって叫んで。
 
零乃が困惑した感じで「ちょっと…何言ってるか聞こえない(笑)」って言ってから、「Re:Loadと?」って言ったらみんなが一斉にDear!!!」って言って。
 
なるほどこの二択か…って会場の雰囲気がなった時にRem!!」と叫んだ男性の方がいて。
 
おお!良いね!!なんて思ったらすかさず聞こえてきた声に私は耳を疑った。
 
Remってどんなのだっけ?」
 
声の主はシン
 
私最初とぼけてるのかと思ったんだけど話聞いてるとどうやらガチで分からないらしく…
 
Remはやったらグダグダになるからやめたほうがいい」
 
とバッサリ却下。
 
清々しいほどはっきりときっぱりと却下されましたからね。
 
シンだな~~って思った(笑)
 
結局零乃が「多数決にする?日本人らしく(笑)」って言って多数決取った結果、「あ~Dearだな」とひとこと。
 
みんなが歓声を上げると、上手の立ち位置に戻った零乃がマイク握って「よし分かった!Re:LoadDearやってやるよ!!!」って言ってくれたのが本当に男前だった。
 
「そのかわり、終わってから物足りないなんて言うなよ?やるからには全力でこいよ?いいかそれが条件だ。」
 
って零乃さん、か っ こ よ す ぎ
 
にしてもRe:Loadってそんなに人気な曲だったの?(笑)
 
私どちらかというとCRISIS派だからなんで人気なのか分からn
 
とりあえず、名古屋セミファイナルはいろんなことが盛りだくさんのライヴでした。
 
ライヴ後の握手会では、怜我がなぜかひとりひとりに「怜我です」って自己紹介してて、もちろん私の時にも最初に自己紹介されたんだけど、こっちは伝えたいことでいっぱいいっぱいだし余裕無いしで自己紹介ガン無視。(笑)
 
なんで今さら自己紹介してたのか謎でしかないけど、子供みたいな笑顔で「怜我です」って言う怜我可愛かったな~~
 
Ko-ki、シンと順調に握手して、零乃に私は力強く言った。
 
「零乃さんもっとブログ更新してください」と。
 
零乃の返事は「はい」だけだったけど、数日後にちゃんとブログ更新してくれたからもう零乃愛してる。(笑)
 
イヴは机の上に座ってて、お疲れなんだろうな早く休ませてあげたいなって思うほどお疲れ感が出てた。
 
ハイタッチ会は買うCDとDVDが限定されてたから諦めた。
 
もうめちゃくちゃ楽しかったんだけど、体力の消耗も思ってたより激しくて。
 
でもそんなのよりもとにかく酷かったのが耳鳴り。
 
電車の中でも家に帰っても寝て起きても耳鳴りが治らない。
 
それでも行かねばならぬ仕事。
 
耳鼻科に行ったのはライヴから2日後のこと。
 
まあ予想はしてたけど音響外傷と言われました。
 
それから薬を飲む生活になるんだけど、普段聞こえていた音が変な音に聞こえるってものすごいストレスだし悲しくなるしで音響外傷なんてなるもんじゃないよ。
 
薬なんかで本当に聞こえるようになるのか不安だったけど2週間くらい飲んでたらちゃんと聞こえるようになりました。
 
その後すぐにAcid Black Cherryのライヴへ行ったけどまた音響外傷になるのが怖くて耳栓購入。
 
耳が弱くなってることを痛感した;;
 
とにかく私が音響外傷になってしまったのは、仕事で肉体的に疲れてた身体に大音量で音楽聴いて頭振ったりしたからだと学びました。
 
あの耳が壊れた感覚はもう二度と味わいたくない。
 
終わり方がよく分からない方向になってしまったけど、次はパシフィコ横浜のラストライヴについて書きますね。
 
 f:id:NSCrew:20150602023918j:plain