読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろに明日は無い

ジャニーズとか。バンドとか。

3年前の待ち受けの件

最近になってあの時のことを話す気になったというか、なんだか文字におこしておきたいという気持ちになったので、自己満足ですが少しお付き合いくださると嬉しいです。

 

タイトルにも書きましたが、3年前のお話です。

 

 

2012年6月18日、ゴールデンボンバー全国ツアー2012「Oh! 金爆ピック~愛の聖火リレー~」会場は横浜アリーナ

 

キリショーはいつもツアーファイナルで客席の写真を撮ってそれを携帯の待ち受けにしていて、でもこの時は気が付いた時にはもうみんな帰ってしまっていて撮り損ねてしまったらしく。

 

 

ameblo.jp

 

 

f:id:NSCrew:20150708013226j:plain

 

 

私がTwitterでキリショーに冗談半分で「これを待ち受けに!」と送った画像が、キリショーの目に留まりなんと待ち受けにしてくださいました。

 

でもこの時の私は「あ、キリショー見てくれたんだ」としか思わず、待ち受けにしてくれているという実感も無くて。

 

この時点ではTwitterでキリショーからリプがきたこと、ブログで改めて画像のお礼を言われたことだけで、本当に何の実感も無かったんです。

 

それから一か月くらい後だったと思うのですが、キリショーのソロコンサート「ひとりよがり2」の配信がYouTubeにてありました。

 

バラードだけのコンサート。

 

最後の曲、あしたのショーで流れたスクリーンの映像に私は衝撃を受けました。

 

待ち受けにと送ったあの画像が使われていたのです。

 

そこで初めて私は実感できたというか、本当にキリショーに届いていたんだというかなんと言うか…とにかく嬉しいという感情で満たされたんです。

 

Twitterでキリショーに、あしたのショーで画像が使われていたことに驚いたと同時に嬉しかったですとリプを送りました。

 

数日後、そのツイートは金爆ファンの方にリツイートされていました。

 

どうしてだろう?と思いその方のアカウントへいってみると、リツイート後のツイートにこのようなことが書かれていました。

 

「あの画像を送った人、翔さんの待ち受けにされてスライドショーにも使われて、どんな気持ちなんだろうって気になってた。気持ち知れてよかった。」と。

 

その方はキリッシャーでした。

 

私はそれを見て、キリショーが大好きな人にとって私がしてもらったことってとてもうらやましいことなんだなって、なんだか申し訳なくなりました。

 

特別誰かがずば抜けて好き!というわけでもなく、強いて言うなら喜矢武さんが好きだと答えていた私。

 

でも気付いたんです。

 

キリショーにリプを貰ってから、喜矢武さんよりもキリショー♡状態になっていることに。

 

自分の中で嘘がつけないほど確実にキリショーが一番のポジションにきていて。

 

勢いで自伝本も買いました。高かったけど。

 

そこで鬼龍院翔の本当の姿を知りました。

 

子供の頃のこと、芸人を目指し挫折したこと、ひとつの恋愛から知った音楽の無力さ、そして音楽に対する気持ち。

 

本当の鬼龍院翔を知れたから、買ってよかったと素直に思いました。

 

そして待ち受けのことなど忘れかけていたある日、ゴールデンボンバーの携帯サイトであった一問一答のコーナー。

 

Q.みなさんのiPhoneの待ち受けを教えてください。

 

この質問にキリショーは、あの画像だと分かるような答えをしていました。

 

たかがYouTubeの映像、私が実際に撮ったわけでもない画像です。

 

私がリプを送る前にキリショーは「カメラマンさんに良い写真が無いか聞いてみる」と言っていたので、本当に冗談半分、なんなら運よく見てくれる程度でいいと軽い気持ちで送ったものです。

 

画質もそんなに良いわけではないのに、なぜカメラマンさんが撮ったものを使わないのか、せめてよがり2のスライドショーはそちらで良かったのでは?と思ったのですが、なぜそうしなかったのか。

 

良い写真が無かったのか、あの画像で満足したからカメラマンさんに聞く必要が無かったのか、真相は分かりませんが、ファンの子から貰った画像だからということは決してないと私は思っています。

 

嬉しいという気持ちが爆発することもなく、じわじわと喜びに満たされていった私はファンとしてどうなんでしょうか?(笑)

 

これが普通なのかおかしいのかそれすら分からなかったんですが、先日のMステSPでじれったいを披露したとき、ファンの方が送ったテレビの画像をうぱがブログで使用したらしく、そのファンの方が素直に喜んでいるのを見て、あ、自分の感情がおかしいんだなと悟りました(笑)

 

そして今回ここにこの出来事を綴ろうと思ったのは、あの横アリの客席の画像をTwitterのアイコンやヘッダーで使用している方を見かけたからです。

 

これ私がキリショーに送ったんだよ!とかいう自慢がしたいわけではなく、単純に3年経った今でもその画像をファンの方が使ってくださっていることに嬉しさを覚えたんですよね~~なぜか。

 

なんかどうやって終わらせたらいいか分からなくなってしまったけど、もしどこかで偶然キリショーに会えることがあったら、どうしてカメラマンさんの写真を使わなかったのかって聞きたいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは余談なのですが、2015年6月22日のオールナイトニッポンにてクララさんがキリショーの誕生日ということで6月の誕生花である薔薇の花束を贈っていたのですが、


ゴールデンボンバー 鬼龍院翔のオールナイトニッポン 2015年6月22日 - YouTube

※13:39頃~

 

誕生花という言葉を聞いたキリショーの反応。

 

誕生花って毎年変わんないっすよね?きっと。ってことはあれそんなのじゃあ僕聞いたことあんのかな」

 

誕生花のこと、私は知ってるような反応に思えたのですがそれには理由があって。

 

これも3年前の同じ時期のことです。

 

キリショーの誕生日にこのような動画をニコニコ動画にアップロードさせていただきました。

 

 

その動画内で6月20日の誕生花として「ヴェロニカ」と6月20日生まれの性格を紹介しています。

 

もしかしたらキリショーはこの動画を3年前に見てくれていたのかな…なんて思ってしまいました。

 

もし仮にそうだとして、誕生花という言葉を聞いて動画の事を思い出してくれていたんだとしたら、こんなに嬉しいことないなあって。

 

…うん、それだけです。(笑)

 

このブログ、ファンのブログを読む人だからもしかしたらキリショーの目に留まるかもしれないけど、ああなんか言ってるよこいつって流して欲しいです。(笑)

 

こうやって誰でも見れる場所に書き記してる時点で、自慢にしかなってないのは百も承知です。

 

ただ、なんていうのかな。

 

好きな人に一生懸命で、その気持ちを受け取ってもらえた時の嬉しさってやっぱり誰かと共有したくなりません?

 

私の場合、身近な友達とそれを分かち合えなくて。

 

ここにこうして書く事しか出来ないんですよね。

 

とにかく、嬉しかったんだよってお話です。(笑)

 

以上。