後ろに明日は無い

ジャニーズとか。バンドとか。

2016-2-14 the Raid. 浜松インストアイベント

 

実は最近 the Raid. というヴィジュアル系バンドにハマりまして、13日にライヴ、14日にインストへ行ってきました!

 

どうして好きになったのかとか、ライヴの感想とかいろいろ書きたいんだけど、何よりもまずインストのことを書きたい!!!ってなったので先にインストレポを書きたいと思います。

 

 

場所はザザシティ浜松中央館2階にある『Ash-LD'50(読み:アッシュエルディーゴジュウ)』。

 

インストなんて他のアーティストでも全然参加したことなかったから事前にお店へ電話していろいろ聞いたんだけど、「遠方からお越しの場合はネットから予約して店頭受け取りにして頂ければ大丈夫ですよ」と親切に教えて頂いたので迷わずそうさせて頂きました。

 

13日、物販でグッズ購入後にお店へ向かい女ルカリと参加券をゲット。

 

そして14日に無事インストへ参加してきたというわけです。

 

 

開始時間は16時頃。

 

たしか15分前には店員さんが番号順にお店に案内してくれてみんな床に座って待ってたんだけど、待てども待てども始まらない(笑)

 

結局始まったのは16時20分頃でした。

 

星七くんが「遅れて申し訳ないです。」って言ってくれたけど何故遅れたのかは教えてくれず…(笑)

 

れいどさんのトークは、星七くんがみんなからの質問の紙を持っていてそこからメンバーが1枚紙をランダムに引いて答えていくというものでした。

 

というわけでここからはおおまかにざっくりニュアンスでトークの内容を書いていきますが、本当にニュアンスで、しかも関西弁無知なので変なとこもあるかと思いますが大目に見て頂けるとありがたいです。

 

 

 

Q.the Raid.の活動の中で一番恥ずかしかったハプニングはありますか?

 

この質問を引いたのは一陽さん。

 

一陽「僕いつもダラダラのサルエル履いてるじゃないですか。昔ぼーやとコンビニ行って、レジでお釣り貰うときにぼーやに後ろからズボンを下げられまして、それまでにも何度かズボンを下げられたことはあったけどその時はパンツも一緒に落ちてしまいまして…」

 

ここまで話を聞いて私は、初っ端からすげえ話きたな…と思った。

 

一陽「何すんねん!!!(大声)って言ってやりたかったんですけど、そこはクールにお釣り受け取って、何すんねん(小声)って言いましたけど。」

 

bo_ya「若かったねあの頃は(笑)あれ何年前?3年4年前とか?」

 

と最近の話ではないらしいんだけど、ぼやさんは一陽さんが話してる間中ずっと笑ってました(笑)

 

 

Q.『BLESS』の歌詞が好きなんですが、実体験入ってますか?

 

これを引いたのはぼやさん。

 

bo_ya「星七、最近書く歌詞かわいいよな。」

 

星七「最近ぼやさん褒めてくれるんすよね。」

 

bo_ya「実体験入ってんの?」

 

星七「…実体験入ってない。」

 

って星七くんはちょっと変な間を空けて答えたんだけど、顔が「実体験入ってます」って言ってるように思えたごめん。

 

bo_ya「ほんまに~?」

 

星七「みんな気付いてないかもしれへんけどあれ結婚して終わる歌詞やで?『BLESS』も『祝福する』って意味の方やで?」

 

bo_ya「あ、息の方じゃなくて?」

 

星七「そっちのブレスちゃう。」

 

あとは「俺未婚やし」とかなんとか言ってたんだけど最後に星七くんが、

 

星七「みんなこれから結婚するやろうし、すでに結婚してる方もいるやろうけど、バンドマンは僕がオススメしません。(笑)」

 

って言って騒然。(笑)

 

子供みたいな笑顔で星七くんは笑ってたけど、あまり笑える冗談ではなかったのは確かです。

 

 

Q.北海道でオススメの場所はありますか?

 

これを引いたのは由羽くんだったかな?

 

何故北海道?って思ったんだけど、誰かが「すしざんまい」って言ったら星七くんがすかさず「チェーン店や!東京にもある!」ってつっこんでた(笑)

 

前に北海道行ったときにぼやさんが「お腹空いた~ちょっと北海道らしいとこ行ってくるわ」って言って、「すしざんまい行ってきた」ってドヤって帰って来たっていう可愛いエピソードを星七くんが話してくれたんだけどあんまり覚えてないという…(笑)

 

ぼやさんはすしざんまいがチェーン店だって知らなかったらしい(笑)

 

 

Q.まだツアー2日目ですが裏話などありますか?

 

これを引いたのは庵くん。

 

誰が言ったか忘れたけど星七くんに対し、「この間名古屋で男に絡まれてたやん。」と一言。

 

メンバーは爆笑してたけど、星七くんは苦笑いで「あれは俺結構焦ったで(苦笑)」って言ってた。

 

彼はそういう輩を寄せ付ける力でも持ってるのだろうか…(笑)

 

 

Q.バレンタインの理想のデートを教えてください、由羽くん。

 

 これを引いたのもたしか庵くん。

 

「えっある?!」と由羽くん困惑。

 

星七「ちゃんぴんは分からんかもしれんけど靴箱にチョコが入ってるかもっていう楽しみがあったんですよ学生の頃は!」

 

これ星七くん3回程繰り返し楽しそうに一陽さんに言ってたんだけど、「いや分かるよ。」って静かに言う一陽さんとの温度差よ(笑)

 

由羽「そもそもバレンタインってそこまで重要なイベントか?って思ってしまうねんけど…」

 

星七「あ~男はね、クリスマス!とかだったら分かるけどバレンタインってしてもらう側だから…よくさ、誕生日とかで店員がケーキ持ってきて祝うのとかあるやん?」

 

「あ~他人も巻き込むやつね。」と誰か。

 

星七「そう!俺あれ苦手。こじんまりでええねん。」

 

てっきりそういうのが良いよね!って話かと思ったら、苦手って話だった(笑)

 

「チョコの意味もはっきりさせてほしい!」「靴箱に入れっぱとか中途半端なことしてほしくないな!」って会話もありつつ…

 

由羽「俺映画観に行きたい。」

 

一陽「何観るの?チャーリーとチョコレート工場?」

 

なんでやねん。

 

星七「映画良いなあ~!学生の頃、暗闇の中で手を握るか握らないかのせめぎ合いなかった?」

 

無い無い、ってなる他メンバー。

 

星七「えっ無い?俺でもあったで?こんな…邪悪な俺でも……」

 

一陽「邪悪て(笑)」

 

bo_ya「結局握ったの?」

 

星七「握ってない!小指が触れるくらいのところで…」

 

一陽「なんやねん!がっつりいけよ!!」

 

星七「いや~あの頃はいかれへんかってん。」

 

 

Q.チョコは最高何個貰いましたか?

 

星七「今じゃなくて学生の頃ってことでしょ?今なんて言ったらそりゃあもうたくさんですよ。」

 

一陽さんとぼやさんはいくつって言ってたか忘れました。

 

由羽「高校のとき義理でひとつ。」

 

庵「多分無い。」

 

星七「なんか…出会った頃を思い出すと由羽くんってモテるタイプではなかったからなんか分かるな。」

 

由羽「……(星七くんをじっくり見つめながら)はあ?

 

 

Q.憧れや尊敬している先輩グループはいますか?

 

これを引いたのは一陽さん。

 

一陽「憧れと尊敬は似てるようで違うと思うんやけど…そりゃヴィジュアル系という同じフィールドで戦ってる先輩方全員ですよ。」

 

かっこいいこと言うなあってメンバーに言われると急にドヤ顔になる一陽さん。

 

bo_ya「えっ僕、柩さん。(満面の笑み)」

 

星七「もうこの顔見たら分かりますよ。」

 

bo_ya「あとHAKUEIさん。PENICILLINのね。」

 

星七「前に雑誌の撮影のとき俺がHAKUEIさんと一緒のときがあって、そしたらぼやさんがサイン貰いたいって言って全然関係あらへんのに着いて来て、終わるまでじっと座って待っててん。で、終わったらHAKUEIさんに「ここにサイン書いてください!」ってthe Raid.のCD差し出して自分のところにサイン貰うてて(笑)普通やったらPENICILLINさんのCDとかに書いてもらうやん?全く売れてへんthe Raid.のCDて(笑)しかも自分のところに(笑)スタッフさんにも「ぼーや、それはないだろ」って言われてた(笑)」

 

bo_ya「『Snow Pledge』のCD持って行って、ここにサインしてください!つって書いて貰った。」

 

というぼやさんにいろいろ言う星七くんや一陽さん(笑)

 

bo_ya「一応色紙も持っていってて、ここにもサインしてくださいってサインして貰うてん。その色紙今も実家に飾ってあんねんけど、名前が“ぼうや”になってんの。いや“ぼーや”やし、伸ばすしって思って。」

 

偶然にもその時のぼやさんのブログを見つけた!

 

ameblo.jp

 

“ぼうや”って書かれたとき言えばよかったのに…(笑)

 

 

Q.もし今女子高校生になれるとしたら何をしたいですか?

 

一陽「エレベーターとかで下から見られたい。」

 

この一言から電車での痴漢(?)についての話へ。

 

星七「俺電車は絶対間違わられへんように両腕あげてこうしてる(つり革持ってる)もん。」

 

一陽「女の子って不思議でさ、短いスカート履いてるくせに見てたら「今見ましたね?」ってなる。あなたが魅力的で見てたのに見たら見たで「見ましたね?」って。ここまではいいのにここからは見ちゃダメとか…」

 

これについては一陽さんめちゃくちゃ力説してた(笑)

 

bo_ya「俺バレンタインでチョコとか渡してみたい。あとthe Raid.のインスト行ってみたい。よくサイン会とかで星七がファンの子にドヤ顔で「今日はありがと。」とか言ってるやん?それ隣でいつも聞いてるからお客さんの気分を味わってみたい。あとみんなの反応を知りたい。」

 

そしてなぜか女装の話へ。

 

星七「俺女装とか無理やねん、そっちの気無いし。雑誌の撮影とかでエクステ付けてやったときも気持ち悪くて…」

 

bo_ya「前にバレンタインの時にやった一陽の女装どぎつくなかった?ミッツマングローブみたいやったで?」

 

一陽「ぼーやと2ショットチェキ撮ってたんやけど、何回撮っても盛れへんねん。3回くらいで心折れたわ。」

 

女装したら誰が可愛いのかみたいな話になったと思うんだけど、すぐに誰が可愛いとかないでしょみたいな感じになって(笑)

 

bo_ya「俺最初星七のことかっこいいと思ってたけど今は思わへんもん。」

 

ってきっぱり言ってたのが面白かった。

 

星七くんも「そりゃそうや!」って言ってけど(笑)

 

星七「俺は綺麗にお化粧してバンドマンにDM送るかな~~(笑)」

 

一陽「50回くらい撮った自撮り(をアイコン)で?」

 

星七「ここらへん(口元)マイメロで隠してな!(笑)」

 

誰かがマイメロは間違いないわ」って言ってたけど、この人達バンギャルちゃんに詳しすぎて怖い(笑)

 

星七「全然知らんバンドマンとかに。「今日凄く良かったです~~」とかって送りたい。」

 

 

Q.今までいろんなものにサインしてきたと思いますが一番高級なものはなんでしたか?

 

え~~なんだ?と考え出すメンバー。

 

一陽「俺いまだにiPhone緊張すんねんけど。ほんまにええの?ってなる。」

 

星七「あ~分かる。あとヒフな!

 

ヒフって最初は発音が明らかに『被布』を連想させる言い方だったから、そんなものにサイン求める人いるの?!って訳分かんなかったんだけど(笑)星七くんが手の甲差しながら「ひふ!」って言ってくれたおかげでようやく皮膚だと分かった(笑)

 

って、皮膚にサイン求める人もびっくりだわ(笑)

 

あとは無難にブランド物とかは緊張するって言ってたな~~。

 

 

Q.一陽さん、ボイパしてください。

 

これはそろそろ時間だということで最後にしましょうと星七くんと由羽くんが笑いながら選んだもの。

 

紙には一陽さんの似顔絵が描いてあったらしい。

 

一陽「ボイパて何?

 

まさかの一陽さんボイパ知らない事態(笑)

 

「口でリズム刻むやつや!」「口でドラムやんねん!」って星七くんと由羽くんが必死に教えてたけど、

 

一陽「無理やて!やったことないねんもん!」

 

とテンパる一陽さん。が、ここで庵くんが救いの一言。

 

庵「あれは?頭文字のやつ。」

 

ということで、みんなであいうえお作文に変更。

 

お題を決める時、「は、ま、ま、つ?」「足りひん」とか言ってたら星七くんが「う、な、ぎ、パ、イ!」と言ってお題は『うなぎパイ』に決定。

 

星七くん事あるごとにうなぎパイ激推ししてくれるのは何故なの(笑)

 

一陽「じゃあ俺から順番(一陽→bo_ya→星七→由羽→庵)にひとりずつ言ってけばええやん。」

 

庵「トリ俺やん。」

 

ここでもまた「一陽トリにしよ」「一陽トリにしたらどんな方向にいくか分からへん」とトリを誰にするかでモメて(笑)

 

星七「浜松はぼやさんセトリdayだったから、たまにはぼやさんトリで…」

 

bo_ya「いやいやいや、嫌!(これがクソ可愛かった)

 

一陽「どんだけ嫌やねん。」

 

結局、星七 → 由羽 → 庵 → 一陽 → bo_ya の順番であいうえお作文することに。

 

星七「うるさく喋りましたが」

 

由羽「なかよく5人で」

 

庵「ぎ…ぎちょんぎちょんに」

 

一陽「ぎちょんぎちょんに?!おれこの先一生“ぎちょんぎちょん”なんて擬音使わへんわ!!」

 

庵「分かった分かった!ぎちょんぎちょん、!」

 

一陽「……パイパイを…?(と言いながらぼやさんの顔にグッと近づく)

 

bo_ya「もう一陽がトリやん…(笑)」

 

その後『イ』で散々考えるものの照れてしまいなかなか言い出せないぼやさん。

 

星七「いらっしゃいませ!とかあるやん!そんなんでええんやで?」

 

bo_ya「あっ…クソっ」

 

一陽「じゃあ最後にいらしゃいませって元気よく言ってもらおうよ。」

 

ということで星七くんからもう一度言っていき、最後にぼやさんの元気な「いらっしゃいませ!」でトークが終了。

 

覚えてるだけ書き出したけど本当に全部ニュアンスなので、こんな感じだったと雰囲気だけでも伝われば幸いです。

 

(あ、星七くんと一陽さんどっちも好きで一番を決められないみたいな質問あったんだけど何話してたか全く覚えてないので割愛させて頂きました。)

 

この日はバレンタインだったから質問もバレンタイン関連が多くて、途中からバレンタイン系の質問は除外されてったけど、結構たくさんの質問に答えてくれてて驚いた。

 

そしてれいどさんのトーク力はすごい。(笑)

 

一番さすがだなあ~と思ったのは、ザザの館内放送でチャラチャララーン♪みたいな音楽流れたとき、「おっなんだなんだ?」みたいに一瞬なったんですよ。

 

一陽「じゃっ、席替えタイムでーす。」

 

って(笑)

 

お昼のあの番組のBGM的雰囲気だったし、なによりタイミングが絶妙に良かったんだよ!(笑)

 

さすが一陽さん!って思ったね。

 

いっぱい笑わせてもらいました。(笑)

 

そういえば、ぼやさんずっと用意されてた水じゃなくて自分で持ってきたコーラ飲んでたなあ。

 

しかもZERO(笑)

 

そこちゃんと気にしてるんだって思った(笑)

 

 

このあとは撮影会に入っていくわけなんですが、その前に質問の紙の中から何枚か引いて当たった人にはお好きなメンバーと2ショット撮影出来ると言うではありませんか。

 

普通にびっくりした、お得すぎない?

 

 

撮影会はとりあえず一度お店を出て番号順に整列させられ、待ってる間に店員さんが6ショの隣と2ショは誰にするのかを聞いて紙を渡された。

 

f:id:NSCrew:20160304001530j:plain

 

私は6ショだけなので隣は星七くんとぼやさんをご指名。

 

そして ここから多分1時間くらいは待った(笑)

 

6ショも2ショも連続で行われたのでたくさんある人は時間かかっちゃうんだよね。

 

たまにれいどさん達の楽しそうな声が聞こえてくると、何話してるんだろ~~いいな~いつも来てる子なんだろうな~~~なんて思ったり。

 

インスト来てる子達は前日のライヴで見かけた顔とあまり変わりが無かったんだけど、キャリー持ってる人が結構いて、「夕方からだとゆっくりできていいよね~」なんて会話も聞こえてきたからバンギャルちゃんすごいな~~って関心してた。

 

 

そして自分の順番が近づいてくると机の上に荷物を置きまだかまだかと順番を待つ。

 

カーテンが開き、店員さんに先ほど貰った紙を渡すと「星七さんとぼーやさんです」と言ってくれてた、と思う。

 

トークのときの記憶は結構あるのに6ショの記憶は皆無に近いというね(笑)

 

撮影会の様子はカーテンで他の人から見えないようになってたので、最初カーテン通された後どうしていいのか分からずゆっくり歩いて近付いていったんですよ(笑)

 

で、恐る恐る真ん中に置かれてる椅子に座ろうとしたら既に座っていた星七くんに「お座りなさい」って椅子をバンバンされました。

 

言われるがまま椅子に座って左を見るとぼやさんがやってきて「失礼しまーす」と言って隣に座ってくれて。

 

わ~~ぼやさんだ~~~(前日も会ってるのにひたすらぼやさんに感動する私)ってガン見してたら、なんと星七くんの方から右手を恋人繋ぎされてめちゃくちゃびっくりした(笑)

 

ほら、ぼやさんもやって!みたいな感じで星七くんが「ほれほれ!」って言ったらぼやさんも私の左手をとり、そしてそのまま撮影。

 

撮り終ったあとは少しだけメンバーさんとお話しできる時間があったので、本当に少しだけ会話した。

 

星七くんと一陽さんは一「おおきに!」とか「気ぃ付けてな!」とか、私が去るまでずっと関西弁でいろいろ言ってくれてたんだけど、全く覚えてない(笑)

 

最後にちらっと後ろを振り返ると由羽くんが手を振ってくれてまして、それでもう胸がいっぱいになりました。

 

そして荷物を回収してからずっと我慢してたトイレに行ったんですが、もう舞い上がっちゃってるので冬なのに汗かいて暑かったんですよ。

 

左手でうちわみたいにパタパタしたら、ふわっといい香りがして。

 

最初は気付かなかったんだけど、トイレのドア閉めた瞬間に気付きました。

 

あ、これもしかしてぼやさんの香水の匂い?って。

 

気付いて咄嗟に取った行動は、右手の匂いも嗅ぐというね(笑)

 

こちらは無臭だったので左手の匂いはぼやさんの香水だと確信。

 

思わぬ形でぼやさんから匂い土産を頂いた。(笑)

 

てか星七くんに手を握られたとき、星七くんの手が顔からは想像出来ないくらい大きくてごつごつした男らしい手でびっくりした。

 

なんならちょっとガサついてたような気もする。

 

(ちなみに初めてのViViDの握手会の時は、シンの手がめちゃくちゃ華奢で自分の手の大きさと変わらないんじゃないかってくらい手にフィットしてびびった思い出がある。)

 

帰りの電車の中では左手を嗅ぎながらひたすらひとりでニヤけてました。

 

 

撮るときは事前にポーズを考えてきてくれるとありがたいって星七くんがキャスで言ってたんだけど、れいどさんのインスト初めてだったので全てれいどさん側に任せてしまいました。

 

それでもパッとポーズを決めてちゃんとリードしてくれたのが凄く好印象でした。

 

なんかいろいろ慣れてるな~~~とも思ったけど(笑)

 

でもトークが40分くらいあって撮影もポーズ指定出来るし凄く楽しいインストだった!

 

まだ迷っててれいどさんのインスト行ったことないわ~~って人、行ける時に行っとかなきゃ絶対後悔しますよ!

 

めちゃくちゃ幸せになれますから!

 

私が保証します!