後ろに明日は無い

ジャニーズとか。バンドとか。

2016-2-13 the Raid. 浜松FORCE

 

大変遅くなりましたが初めて行ったthe Raid.のライヴレポ書きたいと思います。

 

会場は浜松FORCE。

 

初めて行く箱でした。

 

本当は次の日のインストだけ行く予定だったんだけど、星七くんのキャスを見て心変わりし、多分一週間前とかに行くことを決めたライヴだったと思う。

 

the Raid.のことだって知ってまだ1か月とかなのに、曲だって全然分からないのに、なんで行こうと思ったかははっきり覚えてないんだけど(笑)多分星七くんの話術にコロッといってしまったんだと思う(笑)

 

私が言うのもおこがましいんだけど、なんとなく星七くんと考え方が似てるというか。

 

私がV系に感じてたことを彼はなんのためらいもなく言ってくれたんですよね。

 

バンド側からじゃ言いにくいことも、きっと無所属だから言えるんだろうけど、それでもはっきり言ってくれる星七くんに背中を押されたというか。

 

一番の理由はやっぱり「あの時行けばよかったな」って後々思わないためなんだけど。

 

 

そんなこんなで行ってきたthe Raid.さんの初ライヴ。

 

とにかく激しかった。

 

当初の予定では後ろでじっくり鑑賞するはずだったんだけど、なぜか整番が良くて、本能的に前へ行ってしまった(笑)

 

とりあえずセトリを載せよう。

 

この日はbo_yaセトリdayでした。

 

  • 泡姫
  • 女ルカリ
  • ゆびきり
  • Colors
  • JUDGEMENT
  • 色彩モノクローム
  • 弱虫モンスター
  • ピリオド
  • セツナレイン
  • 虹色farewell
  • Smile & Smile
  • 依存の雨
  • 黒薔薇輪舞曲
  • Devilish Kitty
  • HEARTLESS
  • レゾン・デートル

  アンコール

 

このセトリね、あの頃はまだ『女ルカリ』『弱虫モンスター』『ピリオド』『純潔ピラニア』しか分からなかったんだよね・・・改めてみるとめっちゃ良いセトリ;;

 

それでもライヴで初めて聴いて、あっこれいいなって思ったのが『ゆびきり』『Colors』『セツナレイン』『Devilish Kitty』だったかな?結構あったんだよね。

 

でも『鏡花水月』とか『白百合の咲く頃に』とか、事前に調べて聴いてたのはバラードが多かったからまさかあんな激しいライヴだとは思ってなくて、最後の『AGEHA.』とか恐怖だった。(笑)

 

逆ダイ自体今まで見たことなくて、私が今まで行ってたライヴってなんて優しかったんだ・・・って思い知らされたね。(笑)

 

呆気にとられてたら後ろから物凄い勢いで突き飛ばされたので、これ逆ダイ参加した方が安全じゃね?って思って途中から思い切って参加してみたんだけど。

 

みんなと一緒にわ~~~って前行って、わ~~~~~って手を伸ばしたらぼやさんが手を掴んでくれて、それだけでびっくりしたのに、ぜんっぜん離してくれなくて(笑)

 

思い切って前行ってよかったって思った><

 

その次には星七くんの方へも行って、そこでも星七くんに手を掴んでいただいて、逆ダイって楽しいんだなって思うことが出来た!バンギャルレベルがあがった!

 

MCの内容は全然覚えてないんだけど、初日の名古屋は盛り上がり過ぎて1曲増やしたんで、浜松もそれを超えるくらい盛り上がってほしい!って言ってた気がする。

 

まあ本編終わりで一陽さんに「正直名古屋の方が盛り上がってた」って言われてしまったけどね(笑)

 

個人的には名古屋が盛り上がるとかウソだろ・・・?って感じなんですが(笑)

 

あとは福岡のホテルが取れてなくてどうしようって言ってた(笑)

 

アンコールのMCではぼやさんが「もっと盛り上がってくれないと、庵さん最後なんだから、ねえ?」みたいなこと言って庵くんが「しんみりするのはやめよう」って言ったり。

 

会場の熱気が凄くて結露となった水滴が天井から落ちてきてたんだけど、それについて庵くんが触れると星七くんが「さっきお立ち台立ったら滑って危なかった」って言って、由羽くんも「俺もさっきそこで滑りそうになった」って話して。

 

由羽「じゃあ次の『欠落』ではぼやさんが・・・あっ

 

由羽くんまさかの次の曲を先に言ってしまい、口を滑らす事態発生。(笑)

 

ちなみに天井から水滴が落ちてくる現象はこちら側にも発生していて、水滴が落ちてくるたびにバンギャルちゃんが「・・・雨漏り?」って言ってるの面白かった。

 

この日ちょうど雨降ってたからね、そう思うのもおかしくないけど雨漏りは面白すぎた(笑)

 

あとは星七くんがこのライヴハウスには思い出があって…って言い始めて。

 

星七「前来たとき骨折しててん。ここで「お前らかかってこいよー!」って煽ってたら本当にかかってこられて(笑)肘でここらへん(肋骨)バーンって。」

 

bo_ya「ずっと痛い痛い言ってて病院行ったら星七コルセット付けて帰って来た(笑)」

 

私も肋骨強打したことあるけどまじで痛いよ。

 

笑ったり咳したりくしゃみするだけで痛いし、しばらくは季節の変わり目になると肋骨痛くなったし。

 

しかし肘で肋骨骨折させるとは凄いな(笑)

 

 

ライヴで覚えてるのはこのぐらいかな?

 

終わってからドリンク飲んでる時にひたすらチェキ買うか迷ってて。

 

そういえば伝説魂行ったとき終わってから衝動的にとっつーのうちわ買ったなあ~って思い出して、う~ん…2枚なら!よし2枚買おう!って思ってドリンク飲み終わってから買ったわけですよ。

 

当たりを引いてしまった。

 

当たりチェキを引くと好きなメンバーと2shot撮影が出来るんですよね。

 

嘘でしょ?って思ったけど物販の方に誰にしますか?って聞かれて、いやまだ好きなメンバーとか特にいない…どうしよう……とか考えつつ迷わず「星七くんで」って言ってた。

 

なんかこの日本当に強運だったというか。

 

コンビニから帰って来たであろう星七くんと一陽さんに箱前で遭遇したり、コインロッカーのとこでぼやさんとすれ違ったり、ドリンク飲んでたら荷物持ちに来た由羽くんと遭ったり。

 

最後の最後で当たりチェキを引くなんて、考えてもいなかった。

 

どうすればいいのか分かんなくてとりあえず待ってたら一陽さんがやってきて、今日はチェキを忘れたのでみなさんの携帯での撮影でお願いしますとのこと。

 

なるほど、じゃあ自撮り風に撮ってもらおうかなってあいほんのカメラ起動させて順番待って。

 

一陽さんが並んでる子から誰と撮るかの紙を貰ってその子を誘導とかしてたんだけど、途中で庵くんとその役を代わったの。

 

次は私の番だってなったときに庵くんに「誰?」って聞かれて「星七くん」って答えて。

 

私の後ろの人2、3人にも誰?って聞いてて、それ見てた箱のスタッフさんかな?その人に僕たちがやりましょうか?って言われて庵くん「大丈夫すよ」って答えてたんだけど、なんかそれが異様にかっこよかった。仕事出来る男感出てた。

 

のにまた私に「誰だっけ?(笑)」って聞いてきて可愛かった。

 

そしてなんだか考えてしまった。

 

1か月前この人からフライヤー貰って、敬語で会話してた何でもない関係だったのに、1か月後にはタメ口でバンドマンとファンって関係になってるんだもん面白いな~~って。

 

で、ようやく順番がきたので星七くんのもとへ。

 

多分今日はありがとね~~みたいなこと言われて、星七くんはすぐさま私が持ってた荷物を「荷物はここ置いときましょうか」って言って机の上に置いてくれてとても紳士だった。

 

そして私が星七くんにあいほん渡そうとしたら後ろから「俺撮ろうか?」って声がして。

 

振り返ったらその声の主はぼやさんで。

 

えっぼやさんが撮ってくれるの?ぼやさんと撮りたい子待ってるんじゃないの?私がぼやさん借りてしまっていいの?でもぼやさんから撮ろうか?って聞いてくれたしなそんなの断れなくない・・・?って思ったら、星七くんと撮れてしかもそれをぼやさんに撮ってもらえるなんて最高じゃない?とか訳分からんこと思ってしまって「あ、じゃあせっかくなのでお願いします」ってあいほんをぼやさんに渡した(単純)

 

そしたら星七くんが椅子を2つセッティングしてくれて「ここへどうぞ」って言われて。

 

星七くんは「ぼやさんは写真撮るの上手やから」って私に話しかけて終始穏やかなムード作ってくれて、その間にぼやさんカメラ自撮りの方に切り替えちゃったみたいで「あ、そうか…」って呟きながら画面いじってって(笑)

 

ポーズとか、そんな考え一切なかったんだけど星七くんは何も聞かず全てにおいてリードしてくださって本当にありがたかった。

 

どんなことしてくれたかはナイショということで♡

 

最後に星七くんは「こんな遅くまで残ってくれてありがとうございます」って言ってくれて、まだ21時くらいだったと思うからそんな遅くなくない?って思いながらもなんか大切に想ってくれてる感じがしてキュンとしてしまって(訳:ただの勘違い野郎になってしまった)、なんか!なんか言わなきゃ!ってなって、咄嗟に明日もインストで会うこと思い出したので「明日また会いに来ます!」って言ったら「お、ありがとうございます~」って言ってくれたと思うたしか!もう記憶がほとんど無い!(笑)

 

で、星七くんとぼやさんに見送られながらその場を去りました。

 

今思うとこの撮影会が一番落ち着いて会話出来たと思うんだ・・・(苦笑)

 

この日は多分わりと敬語で話しかけられたと思うんだけど、次の日のインストで会った星七くんは私のこと覚えてくれてたのか定かではないけどまた椅子に「お座りなさい」って言ったとき激しく椅子をバンバン叩いてて(笑)

 

ぼやさんと話してるのに横から会話に入ってきたりと妙に積極的だなと感じた(笑)

 

 

 

結構簡単になってしまったけど以上ライヴレポでした。