後ろに明日は無い

ジャニーズとか。バンドとか。

2016-6-11 the Raid. 名古屋インストアイベント

 

新体制1stシングル『Re:born』の予約イベント、ZEAL LINK名古屋へ行ってきました!

 

インスト開始時間は11時30分だったけど入場?は11時からになってて、15分くらい前に行ったらなんと4階フロアはまだ開店してなくて3階で通行止めされてた(笑)

 

知ってたらもう少し遅く家を出たのに、早く言ってくれよZEAL LINK…

 

ということで11時になったら4階へ行きお店の前へ。

 

なんだか店員さんバタバタしてたけどとりあえずお店の中へ誘導されて、整理番号順にイベントスペースへ。

 

椅子に番号が書いてあるので自分の番号の椅子へ座るように言われました。

 

ある程度時間経つと空いてる席を詰めてくれって言われるから、整理番号あるからって油断して遅く行くと良い番号でも席が無くなってしまうので注意ですね。

 

この日は開店してすぐだったせいか店員さんずっとバタバタ準備してて、それでも開始時間5分くらい過ぎたところでインスト始まりました。

 

この日は会場限定シングル『病んでる君に贈る歌』の衣装。

 

メンバーが登場してまず思ったのが、一陽さん痩せた???!?だった(笑)

 

そしてふわっと香ってきた香水の匂いにthe Raid.さんだ~~と懐かしさを感じつつインストスタート。

 

まずは一陽さんから順に自己紹介を。

 

そしていつものあれ。

 

一陽「元気よくいくぞーー!!!みんなで広げようレイダーズの~?

 

客「輪~(小声)

 

一陽「・・・もう、帰れ。」

 

 

Q.浴衣と水着どっちが好きですか?

 

一陽「浴衣の人手挙げて!」

 

テンシくんとぼやさんが挙手。

 

一陽「知ってる?浴衣の正しい着方は下着つけないらしで。」

 

bo_ya「そうそう、おかんが小学校の授業参観とかよく着物で来てたから下着つけないのは小さい頃から知ってんねん。だから複雑やった、おかんノーブラ…」

 

一陽「ほんまにノーブラだったん?(食い気味)

 

bo_ya「分からへん(笑)確認のしようがないやん(笑)」

 

一陽「残りの2人は水着?水着はあれですか?スクール水着?」

 

星七「なんでや!(笑)どっちも興味無い派!」

 

このあとも高校生だったらやっぱりスクール水着やん!とかいろいろ言ってたけど詳しくは忘れました。

 

 

Q.生まれ変わるとしたら何になりたいですか?

 

一陽「和式便所。」

 

星七「まだお昼前やで?」

 

一陽「ずっと目つぶっといて来たときだけ目あける。」

 

bo_ya「テンシは?」

 

テンシ「え、動物以外でもいいですか?」

 

…おぉ、なんでもええで?となる4人。

 

ていうか、動物しばりでもなんでもないで?とさらに4人。

 

一陽「俺和式便所やぞ?(笑)」

 

テンシ「え~~でもウサギですかね。」

 

由羽「ウサギなん?(笑)」

 

動物やん!!!って一斉にツッコまれるテンシくん(笑)

 

bo_ya「でもね、テンシは普段の会話でもそういうとこある。」

 

これはお兄ちゃん達大変だ~~と思た瞬間でした(笑)

 

 

Q.好きな洋菓子は何ですか?

 

由羽「チーズケーキ!チーズケーキはいいよね?ぼやさん。」

 

bo_ya「チョコレートよりはな!そら食べん方が本当はいいですよ。」

 

ここでたしか星七くんが今みんなダイエットしてるみたいな話したと思う。

 

 

Q.味噌ラーメンは好きですか?

 

テンシ「味噌ラーメンはあんま好きじゃないです。とんこつラーメンが好き。」

 

bo_ya「あれ?でも昨日ラーメン屋行った時とんこつラーメンじゃなくて担担麺みたいなの食べとったやん!」

 

テンシ「違う!違う!とんこつラーメンはちゃんとしたとこで食べたい。」

 

星七「分かる、醤油ラーメンって書いてあるのに味噌とかやってるとこの味噌ラーメンは食べたくない。」

 

一陽「醤油なら醤油一本で勝負せえよってことやんな?」

 

ちなみにこの何個かあとの質問で「とんこつラーメンは好きですか?」という質問があったんだけど、グルがおるなあって言ってスルーされてた。

 

 

Q.『病んでる君に贈る歌』と『Re:born』の衣装で気に入ってるところは?

 

たしかぼやさんが『Re:born』の衣装の方が好きって言ったと思うんだけど。

 

星七「俺もどっちかと言えば『Re:born』かなあ…。『病んでる』は既製品っぽいっていうか、テンシくんのやつなんかまんま、目の前(ドン・キホーテ)で買えそうな感じ。でもパンツはみんなユニクロですね。」

 

由羽「これあれや、」

 

星七「あぁ!俺と由羽くんは『白百合』の時の使いまわしや!」

 

だから匂いはしみ込んでるみたいなこと言ってたと思う(笑)

 

星七「てか今日この2人(一陽&ぼやさん)直前まで自分の衣装分かってなかったんですよ(笑)」

 

bo_ya「着てみてなんかおかしいな~と思って、前に撮った自撮り見比べたりして、ここ(襟)が黒と白だったから一陽に「なあ、それ俺の衣装ちゃう?」って言ったんやけど、「俺はここが黒やねん。このヒラヒラが…」とか言って…」

 

一陽「そう、「俺はここが黒でこのヒラヒラで見分けとんねん!」って言って見てみたらぼーやの方にヒラヒラ付いとった。」

 

そして由羽くんになんかある?と聞く星七くん。

 

由羽「俺腹出し!そのために痩せた。」

 

星七「あんなに出してるの久々やんな。」

 

 

Q.カラオケでよく歌う曲やアーティストは?

 

bo_ya「俺らたまにカラオケでメイクして待機したりするから、終わって時間あったらちょっと歌ったりするよね?」

 

一陽「2つ部屋取ってて片方で歌ってるな。」

 

星七「何歌うん?」

 

bo_ya「俺DIR EN GREY。」

 

星七「あ~~お母さんも好きやもんな。一陽は?」

 

一陽「俺いろいろ。」

 

星七「GACKTちゃうん?」

 

一陽「人によって合わせる。GACKTさんやったらGACKTさんで違うの歌うし。だから履歴もすごい偏ってしまう。相手が歌ったアーティストで別の曲入れなあかんみたいにならん?」

 

星七「・・・いや~別に(笑)」

 

 私は一陽さんの言ってることちょっと分かる(笑)

 

友達が入れたアーティストで歌えるのあったらそれ入れてしばらくずっとそのアーティストしばりみたいになることよくある(笑)

 

星七「みんなヴィジュアル系好きだからあれかもしれんけど、同窓会とか、二次会でカラオケ行くとヴィジュアル系なんてみんな分かんないじゃないですか。だからその時のためにも俺は幅広く歌えるようにしてる。」

 

一陽「KinKi Kidsとか歌っといたら間違いないな!」

 

星七「間違いない!みんな硝子の少年って言ってくれるな!」

 

一陽「世代がバレる(笑)」

 

 

Q.死んだあとは土葬と火葬とどっちがいいですか?

 

これ星七くんが引いたんだけど、読む前に「これ…(笑)」って小声で言ったら由羽くんが「渋いやろ?(笑)」って言ってて。渋いな~って2人で言ってた(笑)

 

一陽「土葬て、インド人やん!」

 

インド人なん?別にちゃうやろ。となる一同。

 

星七「え~どっち?」

 

と、土葬について話してるとぼやさんから可愛い質問が。

 

bo_ya「それさ、生きたまんま埋められたらどうなるん?」

 

星七「それは無いやろ(笑)」

 

bo_ya「でも星七知ってるかもしらんけど、よく黒いサイト見るやろ?」

 

星七「好き好き。」

 

bo_ya「そこに書いてあったのは、人間は火葬ってか、焼死?するときはまず呼吸が出来なくなるらしい。」

 

星七「あ~~なんか、気管から燃えてくらしいな。」

 

bo_ya「テンシは?」

 

テンシ「死んだあとっすよね?どっちでもいいです。」

 

これすごくあっさり答えてた(笑)

 

一陽「そらそやけど…どっちて聞いてんのに(笑)」

 

 

Q.今ハマってることはなんですか?

 

一陽「そらもうダイエットですよ。」

 

星七「この場を借りて一個言っていい?ぼやさんミーティングしたときに毎日体重送るって言ってたのにやってないで?」

 

bo_ya「やってないな(笑)でも痩せたって分かるやろ?

 

痩せたって分かるやろ?って、すごい発言だなと思った(笑)

 

星七「the Raid.は月に1回真面目なミーティングをしようってことになったんですが、いろいろ話して最終的に初めてテンシくんが言ったのが「とりあえずぼーやさんは痩せた方がいいです(いつもやぁかずのマネするみたいな口調で)」だった(笑)」

 

bo_ya「テンシそんなどもってない(笑)てかその前に一回言われてる。」

 

星七「そう、言われたってのは聞いた(笑)」

 

bo_ya「しかも痩せた方がいいじゃなくて痩せた方が絶対かっこいいですって言われた。痩せた方がいいと痩せた方が絶対かっこいいだと受け止め方が違う。」

 

で、一陽さんもダイエットしてるって話になり。

 

一陽「ちなみに俺5キロは痩せてるで。」

 

でもみんなとメシ行くときは同じように食べるやん!と誰かに言われてたんだけど、

 

一陽「みんなでメシ行くときはそらみんなと同じように食べるよ。ダイエットしてるからって俺はちょっと…ってなるのが嫌やねん、俺は見えへんとこで努力してる。」

 

星七「あ~~でもそれは分かる。俺もぼやさんダイエットしててメシ誘っても断られるの悲しかった。」

 

で、前にダイエットしてても食べれるような店にぼやさんをご飯に誘ったらぼやさんが同じようにダイエットしてる昔のバンド仲間に「奢るから」って勝手に誘ってて、その人と3人でご飯行って「星七さんなんかすいません!」って言われながら訳分からんと奢ったって話を星七くんがしてたんだけど、ここらへんの記憶あんまり無いのであやふやです。

 

一陽「星七は?」

 

由羽「古着屋巡り?」

 

星七「そう、古着屋さん巡り。」

 

一陽「古着屋さん巡り?!??」

 

bo_ya「俺古着無理、誰が着てたか分からんもん。なんで平気なん?」

 

由羽「ちなみに俺も無理(笑)」

 

と、急に3対1でありえへん!と連呼される星七くん(笑)

 

bo_ya「星七靴も中古で買うてるやん、お客さんに靴の裏見せてみ?」

 

と言われ、脱いでた右足の靴をぼやさんに差し出す星七くん。

 

一陽「ガム踏んだあとみたいになってるやん!」

 

bo_ya「これは補強されてるからあれやけど、ありえへん!」

 

星七「ちなみに今由羽くんが履いてるこの靴、俺も同じの追いかけて買ったやん?あれも中古ですよ。」

 

なんかもう、3人というか特にぼやさんにだけど、変な汁出てきそう!ってひたすら言われてた…(笑)

 

bo_ya「星七財布も中古で買おうとしてた。」

 

星七「そう。前に財布新しく買おうと思ってて、でもぼやさんに財布は新品買った方がええって言われて、それもそうやなって思ってまだ買ってない。」

 

bo_ya「Macも中古で買ったやん?あのリンゴのとこ割れてて、俺と由羽くんからしたらまずありえないんですよ。星七に「これ割れてんで?」って言ったら「あぁ(まるで気にしてない返事)」って。」

 

 星七「いや、新品とかやと気ぃ遣うやろ?中古だったら遣わんでもええやん。」

 

私も中古無理な人だからぼやさんの言うことよく分かるんだけど、星七くんのその考えというか性格?すごく良いなと思ってしまった…(笑)

 

だって新品大事に扱ってて傷ついたときの悲しさといったら…(笑)

 

テンシ「僕、ウサギですかね。」

 

bo_ya「飼ってんの?」

 

テンシ「飼ってはないです。」

 

由羽「昨日ウサギのクッションひいて寝とったで。」

 

 

Q.『Re:born』の歌詞はどんなことを書いたんですか?

 

星七「今までテーマを決めて書いてきたけど、今回はバンドのことについて書きました。それこそ新生the Raid.のことを、ぼやさんの曲やからぼやさんが納得するまで書き直して。」

 

ぼやさん歌詞大丈夫ですか?って星七くんが聞いたら、もう出すって決まってるからそら大丈夫でしょ的なこと言ってた(笑)

 

 

Q.高校生最後の夏は何すればいいですか?

 

星七「高校生って大人になりきれない、一番楽しいときじゃないですか?好きなことしたらええねん。」

 

この時の会話あんまり覚えてないんだけど、テンシくんは海行って花火したいって言ってたと思う…

 

星七くんがロケット花火とか?って聞いたらもう全部やりたいですとかって言ってて。

 

あとみんなでUSJ行くって話してたやんって言ってたのこのときだったかな?

 

一陽さんが「俺7月になったら行きたいねん、新しいアトラクションが増えるらしい。」

 

bo_ya「20日に行くって言うてたやん。」

 

一陽「それは…」

 

って話してた気がする。

 

 

Q.気分が落ちてるときに聴く曲は?

 

一陽「気分が落ちてるときに音楽聴くって逆効果やない?たとえば、尾崎豊の)あいら~びゅ~~♪いや待て待てってならへん?」

 

星七「それは選曲が悪いやろ(笑)」

 

テンシ「僕は普段聴いてるのと変わらないです。」

 

星七「俺は落ち込んだらその原因を取り除こうと必死に考えてまうから音楽が邪魔って思う。今音楽要らん無音でいいってなる。」

 

だから十円ハゲ出来るんだなって思った。

 

 

Q.パンツの色は何ですか?私は白です。

 

星七「あ、教えてくれてるの?(笑)この中に白の子がおるっちゅうことやな?一陽何色?」

 

一陽「白…いいじゃないですか。」

 

星七「いやいやいや、白がいいとかじゃなくてパンツの色ですよ(笑)」

 

一陽さんメンバーにパンツ見せる。

 

星七「いつもこれ穿いてへん?」

 

一陽「パンツっていろんな丈のやつがあるやろ?これが一番機能性がええんや!」

 

bo_ya「俺黒。」

 

由羽「俺花柄。」(たしか花柄だったと思う…)

 

星七「花柄?!」

 

テンシ「僕も黒です。」

 

このあとなんか話して大爆笑してたんだけど忘れました、下ネタだったのは覚えてる(笑)

 

 

あともうひとつ恋のお悩み相談みたいなのがあったんだけど、これは私が書いてしまっていいものなのかなって思ってしまったので質問内容は割愛します。

 

とりあえずぼやさんはことあるごとにテンシくんに話を振ってたんだけど、このときも「テンシどう思う?」って聞いてて。

 

テンシ「詳しい状況が分からないからなんとも言えないですけど…」

 

まあたしかにな…ってなる4人。

 

星七「テンシくんって恋愛経験少ない?」

 

テンシ「まあ多くはないです。」

 

由羽「なんでそこ切り込んだ?(笑)」

 

星七「テンシくんって初めて会ったときあんまり明るい感じではないと思ったから…」

 

分かる~ってなる3人。

 

とりあえずみんなの輪にいるだけって感じ的なこと言われてた(笑)

 

で、質問の子へのアドバイスは「そんな男やめときなさい」でした(笑)

 

 

あとなんの質問のときだったのか忘れてしまったんだけど、

 

星七「テンシくんは歳離れてるからちょっと分からんけど、俺ら学生の頃じゃんけんで負けたやつナンパしてこいよみたいなの無かった?」

 

一陽「あった。」

 

bo_ya「俺無い。」

 

星七「ぼやさんおとなしい方やったもんな。」

 

bo_ya「多分それ俺の一番嫌いなタイプやな。」

 

みたいな会話があった。

 

 

覚えてるのはこのぐらいかな?

 

最後に初名古屋はどうですか?って星七くんがテンシくんに聞いたら、「インスト自体超久々で、こんなにいっぱいの人が集まってくれて、貴重な時間をありがとうございました。」って言ったらメンバーがまだこれから名古屋はいっぱい来るしライヴもあるで!ってツッコんでた(笑)

 

で、トークが終了したらお次は撮影会。

 

今回は6shotと2shot同時進行で行われました。

 

悩んだんだけど、とりあえず6shotの隣は由羽くんとテンシくんにしました。

 

ポーズは何故か由羽くんに決められた(笑)

 

で、そのまますぐに2shot。

 

店員さんが「星七さんbo_yaさんお願いします。」って言ってくれたんだけど、そしたら星七くんに「おぉ特殊や特殊!」って言われた(笑)

 

自撮りで撮ってもらったんだけどぼやさんにまずベストポジションを探してもらって(笑)

 

星七くん「難しいからぼやさん携帯持ってて」って言って、ぼやさんと星七くんの共同作業で星七くんとは撮った(笑)

 

で次にぼやさんと撮影。

 

終わって帰ろうとしたら星七くんとか2、3人が手を振ってくれてて、前は手を振ってくれても振り返す心の余裕すらなかったけど、今回はちゃんと振りかえしたぞ!成長した!

 

 

で、このあとHOLIDAY NEXT NAGOYAでのライヴに参戦するのですが、それはまた別の記事に書きますね。

 

インストのトーク内容忘れないようにお昼食べたあとすぐにあいぽんのメモ帳に覚えてること書き出したので今回は結構書けた気がする!

 

でも全部ニュアンスなのでそこはご了承くださいね。

 

以上インストレポでした!