読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

後ろに明日は無い

ジャニーズとか。バンドとか。

2016-9-17 RENO ell.SIZE

 

約一年ぶりにれのさんのライヴに行ってきました。

 

 

会場は去年と同じくell.SIZE。

 

18時過ぎにライヴはスタートしました。

 

まずはサポートメンバーが出てきて、れのさんの登場。

 

セトリは覚えてないです、ごめんなさい。

 

 

今回、名阪だけは都さんも加わり5人編成のバンドとなっていました。

 

「いつもはアコギ使ってやったりしてたけど、今回は都さんもいるので久しぶりにエレキで弾きたいと思います。」

 

そういって演奏されたのは『apollo』『Milky way』の2曲。

 

apollo』はオレンジの照明がよく似合うね。

 

演奏が終わると、静かにれのさんは喋り始めた。

 

「いつもはアコギ使ったりして曲の雰囲気変えたりしてるんですけど、どうしたら毎回違うものを届けられるのかっていうのを常に考えていて。まだ曲が少ないから、毎回来てくれてる人達には申し訳ないけど同じ曲しか聴かせてあげられない。そんな中でどうしたら同じ曲で違う何かを感じてもらえるんだろうって。…解散して1年半、ソロになって1年半。支えてくれたみんなには本当に感謝してます。そんなみんなのために、心を込めて弾きます。…『White page』。」

 

れのさんが話してる最中、都さんがバックで『White page』を弾いていて。

 

れのさんの話の内容とそのピアノの音色がものすごく合っていて。

 

泣かずにはいられなかった。

 

れのさんは都さんがピアノを弾き始めたとき少しだけ言葉を詰まらせたんだけど、なんとなく、れのさんもあの雰囲気に飲まれて泣きそうになったのではないかと思った。

 

きっと本当は上に書いたこと以上にれのさんはもっと素敵な言葉を言っていたんだけれど、私が泣いてしまったので覚えてないんですすみません。

 

 

 

 

このMCを聞いて、やっとこのツイートの意味が分かった気がする。

 

れのさんが解散後、すぐにソロで始動したことも。

 

この話の流れで弾く『White page』の意味も。

 

きっとこの先、何度『White page』を聴いても泣くと思う。

 

 

れのさんが“勝手に背負ってたもの”ってなんだろう。

 

好きなバンドに解散され、行き場の無くなった私達を最初に導いてくれたのはれのさんだった。

 

それを考えたらなんとなく、何を背負ってたのか分かる気がする。

 

そしてそれをシンに託す意味も。

 

あの日からの1年半は、とても長かった。

 

解散を受け入れるのに、思っていた以上の時間を費やした。

 

もしかしたらまだ受け入れられていない人もいるのかな。

 

自分の中で「ViViD」という存在は消し去ることができない、永遠に記憶に残る愛していたバンド。

 

でもね、正直ライヴが始まるまでは「れのさんのライヴはこれで最後になるかもしれない」って思ってた。

 

ViViDがいなくなった心の穴を埋めてくれるバンドを見つけた。

 

そのバンドのために今は全力を注ぎたくて、だかられのさんは最後になるかもしれないって。なんとなくそう思ってた。

 

でもそんな感情、幕が開いてれのさんがギター弾いてるとこ見たら無くなってた。

 

いいじゃん、両方愛せば。って思った。

 

名古屋が好きだと言ってくれるれのさんのことだから、きっとまた名古屋に来てくれる。

 

だったらためらわず会いに行けばいいじゃん、何も難しいことじゃない。

 

 

この日、アンコール2曲目で『69-Ⅱ』を演奏してくれた。

 

ViViDの曲はもうやらないかも…って思ってたのに、れのさんはやってくれた。

 

曲数が増えたらいつかやらなくなるのかもしれない。

 

それでも私はたまにでいいからViViDの曲をやってくれたら嬉しいなと思う。

 

だってれのさんがこうしてギターを弾いていられるのはまちがいなく「ViViD」というバンドがあったおかげだから。

 

無かったことになんてしてほしくない。

 

 

今回約1年ぶりにれのさんのライヴに行って思ったことは、彼と、彼を支え続けてるファンは強くて素敵だということ。

 

久しぶりに触れたれのさんのギターの音は、やっぱり好きな音だった。

 

そしてその隣に居るのは変わらずりょーがくんで。

 

MCでれのさんに、りょーがは地方でホテル泊まってても必ず俺の部屋に来て酒飲んで酔っぱらって一緒のベットで寝ると暴露され、ついに事務所の人にもホテルの部屋れのと一緒でいい?って聞かれたって言ってた(笑)

 

れのさんとりょーがは良い意味で変わらずずっとこの関係でいてほしい(笑)

 

サポートしてくれてる大桃さん、前田さん、都さんにも感謝!

 

また名古屋に来るときは、れのバンドに会いに行きます。絶対に。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、これは余談になるのかもだけど9月4日にシンが戻ってきましたね。

 

私が彼のツイートを見た時は、ちょうどその日行くバンドの好きなメンバーに手紙を書いてるときでした。

 

感情がめちゃくちゃになりました。

 

あー、やっぱりなんだかんだ言って私はシンが一番好きだったんだなと気付いた瞬間でもありました。

 

最後に彼の姿を、彼の歌声を聴いてから一年が過ぎていた。

 

12月24日、どうか彼を一途に待ち続けた人が会いに行けますように。

 

 

もし奇跡的にチケットが取れたら私もEXシアターに駆けつけます。

 

そしたらまたここにレポ載せますね。

 

 

 

シン、おかえりなさい。

 

 

 

2016.8.29 ギガレイド HOLIDAY NEXT NAGOYA

 

ギガマウスさん主催、2マンツアーの名古屋編に行ってきました!

 

 

 2マンなので先行物販は無く、特に何もしてないので書くことも無い。(笑)

 

ギガマウスさんが主催なので最初はthe Raid.でした。

 

始まったのは多分17時45分過ぎとかだったと思う、かなり待った

 

会場のBGMが消え、聴こえてきたのは『黒薔薇輪舞曲』のイントロ。

 

すごく意外だった、みんなも喜んでた。

 

  • 黒薔薇輪舞曲
  • HEARTLESS
  • Devilish Kitty
  • Colors
  • 純潔ピラニ
  • 虹色farewell
  • PIERROT
  • ゆびきり
  • 病んでる君に贈る歌
  • 泡姫
  • 弱虫モンスター

 

このセトリ個人的にものすごく好き。

 

 テンションあがる曲しかやってない!(笑)

 

 

最初のMCでぼやさんがいつもみたいに「どすこーい!」って言ったんだけど星七くんが「まだ浸透してないな。」って言って。

 

そしたらぼやさん、「ほんまに?!どすこーい!って言うたらどすこーい!って返して??!?これすごいんやで???EASTでもどすこーい!言うたらみんなどすこーい!って返してくれんねんで??!」みたいな感じであんまりみたことないくらいの勢いで喋ってて可愛かった(笑)

 

で、そのあとはたしか一陽さんと星七くんが告知で10月に名古屋でワンマンやるって話してたんだけど、一陽さんが日付を把握してなくて「9月…?ちゃうな、…」って考えてたら星七くんが「次のMCまでに調べといて。」って冷たく突き放してて怖いよ社長><って震えた。

 

まあMCはこんな感じでした。

 

the Raid.のライヴ初めて観るよって人いますか?っていつもみたいに聞いたんだけどすっごい少なくて、まあまあまあそりゃそうやいつもありがとうございます~的なこと言ってた(笑)

 

 

セトリの中で個人的に嬉しかったのは『弱虫モンスター』。

 

イベントだと逆ダイの曲はやらないって聞いてたから絶対やらないと思ってたんだけど、まさかの最後が『弱虫モンスター』でめちゃくちゃ嬉しかった!

 

 

こんな感じでthe Raid.さんのライヴは終了。

 

転換の時間を経てお次はギガマウスさん。

 

the Raid.終わってからちょっと疲れてしまったので、ギガマウスさんは一番後ろで観てました。

 

  • SCRAP ROCK
  • ジャパニーズサンダー
  • 頂王
  • チックタックヘッジホック
  • TRYHIGH
  • 夕顔
  • 東京
  • ノンフィクション
  • Mirror,Mirror
  • BITE MY LIFE
  • SCARY GODS SHOW
  • GIGA SPEAKER

 

良いな~~と思ったのは『東京』という曲。

 

ジャズな感じでとても好みだった。

 

正直疲れすぎてて激しい曲は全然頭に入ってこなかったんだけど、この曲が始まるとこの曲の世界観に吸い込まれて疲れがぶっ飛んだ。

 

そして次の『ノンフィクション』って曲もバラードで良かった。

 

ヴォーカルの式さんのMCもなんだか心にぐっとくるものがあって。

 

「名古屋は昨日お祭りだったんでしょ?タクシーの運転手さんが言ってたんだよ、この祭りが終わると夏が終わるな~って思うって。」

 

なんか分からないけどこの話が一番心に残ってる。

 

なんの曲の前に言ってたか忘れちゃったんだけど、俺はまだ夏を終わらせたくないみたいなこと式さん言ってた気がする。

 

喋り方なのかな?式さんのMCの仕方がどうしようもなくシンを思い出してしまって泣きそうだった。(笑)

 

リトハツアーで観たギガマウスさんとは全く違う印象をこのライヴで持った。

 

 

アンコールでは「ギガレイド」コール。

 

まずは星七くんと式さんがステージに戻ってきて他のメンバーの準備が整うまで場繋ぎ。

 

「「アンコール」じゃなくて「ギガレイド」って言うんだね。東京公演では言ってたっけ?」みたいなやりとりもありつつ、式さんが弾き語りで各地方をギター一本で周ってたお話もし、そんなこんなで楽器隊もステージに戻ってきました。

 

アンコールの曲はもちろん『監獄ロックメン』!

 

the Raid.のMCでもちょこっと触れてたんだけど、星七くんと一陽さんはこの曲をエロい曲だと思ってたみたいで(笑)

 

“Cutしたい fxxk off 期待 Bad 未来 監獄ロックメン”ってとこの振りが「そういうことやろ?」って言い出すし、お客さんもみんな爆笑。

 

ギガマウスのユッキーさんだけは苦笑いでした(笑)

 

曲始まる前に軽く振り付けを教えてくれて、リトハツアーでは傍観してただけだったけど教えてくれたのでちゃんと踊ることができた!エロいとこだけ!(笑)

 

 

今回初めて2マンのライヴに行ったんですが、イベントよりも持ち時間多めで相手のバンドのことも知ることが出来たしとても良かったです!

 

終演後の物販でコラボチェキ売ってたんだけどそれは即完売したみたいでした。

 

物販でスタンプ押してもらってチェキ3枚だけ買ったら久しぶりに星七くん引けたので満足♡

 

名ホリはきっとこれからたくさん行くことになる箱なんだろうけど、ちょっとずつ好きになっていけるといいなと思いました。

 

以上ギガレイドレポでした。

 

ギガマウスさん主催して頂いてありがとうございました!

 

f:id:NSCrew:20160914143250j:plain

 

 

2016-9-4 the Raid. 新宿BLAZE

 

the Raid.5周年記念ワンコインワンマンツアー「5周年おつかレイド!!」のツアーファイナル「Re:born to Neo Innovation」に行ってきました!

 

 

the Raid.としては2度目となる新宿BLAZE。

 

リベンジの新宿BLAZE。

 

 

16時に開場、いつもの一陽さんのアナウンスが聞こえてきたのは16時50分頃でした。

 

今日はツアーファイナル、そしてチケットはSOLD OUT。

 

手荷物は床に置かないこと、今日はロッカーがあるからそれを使うように。

 

あたった時に危険なアクセサリー等はあらかじめ外しておくこと、ただし鋭利な鼻だけは認めるとのこと(笑)

 

「あれはしょうがない、生まれ持ったDNAが…」とかなんとか言ってました(笑)もちろんみんな笑ってました(笑)

 

あとはヒールはダメ、クロックスが人気やな。とかこんな感じでいつものアナウンスとなんら変わりはなかったんだけど、ひとつだけ違ったことがあって。

 

 

「今日はチケットSOLD OUTしてるけど、今も当日券が出ると信じて外で待ってくれてる子達がいます。」

 

 

これ聞いた時ちょっとびっくりした。

 

当日券が出るかはライヴ始まってからのみんなの様子を見て判断するそうなので、その子達が入れるかどうかはみんなにかかってる的なこと言ってた。

 

結局当日券は出なかったのかな?MCで星七くんが当日券出せないライヴをあまり経験したことがないって言ってたような気がする…

 

 

ライヴが始まったのは17時10分頃。

 

会場のBGMがちょうど『Re:born』流れ出した時で、そのBGMが消えて会場が真っ暗になるあの瞬間は何度経験してもテンションがあがる。

 

SEが流れ、まず登場したのはリズム隊の一陽さんとテンシくん。

 

次にギター隊のぼやさんと由羽くん。

 

そして最後に衣装のフードをかぶった星七くんが登場。

 

 

  • Re:born
  • 色彩モノクローム
  • REBELLION
  • ゆびきり
  • 泡姫
  • 純潔ピラニ
  • PIERROT
  • 嘘と雨空
  • 鏡花水月
  • 虹色farewell
  • 欠落LOVER
  • HONEY CANDY
  • 黒薔薇輪舞曲
  • HEARTLESS
  • Devilish Kitty
  • レゾン・デートル

  アンコール 

  • 病んでる君に贈る歌
  • 少女A
  • カルペ・ディエム

  Wアンコール 

 

 

一曲目が始まってから気付いたけど、私『Re:born』をライヴで聴くのこれが初めてだった。

 

だから振り付け動画は何回か見てたけど覚えられてなくて、周りもなんだか覚えてない感じの人が結構いてふわっふわした感じで『Re:born』を終えてしまった(笑)

 

 the Raid.のライヴはバラード前にMCがあって、その時に必ず「the Raid.のライヴ初めて来たよ!って人いますか?」って星七くんが聞く(私が行ったワンマンでは必ずこのくだりがあった)んだけどそのくだりが今回は無くて。

 

『PIERROT』が終わるとMCへ入ることなく照明が落とされた。

 

静かになった会場で聴こえてきたのはオルゴールのような音。

 

それは『嘘と雨空』へと繋げる優しくて綺麗な音色だった。

 

 

この流れが今回のライヴでひとつめに良いなと思った演出。

 

 

『嘘と雨空』が終わると休む間もなく『鏡花水月』へ。

 

初めてライヴで聴く『鏡花水月』は、なんだかあっという間に終わってしまった感じがした。

 

もっと聴いていたかった。

 

気付いたら『虹色farewell』が始まっていて、そこで初めて自分が聴き入っていたことに気付いた、そのくらい『嘘と雨空』と『鏡花水月』は素敵な時間だった。

 

素敵過ぎて、『虹色farewell』の振りがぶっ飛んでしまった(笑)

 

 

『HONEY CANDY』前のMCでは軽く振り付けを教えてくれました。

 


the Raid 「HONEY CANDY」振り付け講座

 

こちらは朝家を出る前に確認しておいたので、完璧に出来ました。

 

そして『HONEY CANDY』が終わると『黒薔薇輪舞曲』。

 

次はなんだろうって耳を澄ましてると、かすかに聴こえてくる『黒薔薇輪舞曲』のイントロのかっこいいこと。(これは『弱虫モンスター』でも同じく好き。)

 

 

本編が終わると恒例の一陽さんタイム。

 

他のメンバーが袖にはけて一陽さんだけが残るあの瞬間、ドラムのとこでにやにやしてる一陽さんが何度見ても可愛く思えてしかたない(笑)

 

そしてこの時何を言ってたのか何も覚えてない(笑)

 

てか今回のライヴ全体的に何を言ってたのか全然覚えてなくて申し訳ない。

 

 

アンコールの声が始まるとドラムセットの後ろにあるスクリーンが準備され、動画が流れ始めたんだけど。

 

 

ドラムが邪魔で超見づらかった(笑)

 

 

でもmini Album発売決定!って文字が見えたときはおお~~~!ってなったな~。

 

で、一陽さん、テンシくんと順番にアー写が出てたんだけどやっぱり超見づらくて(笑)

 

みんなも見づらい!って言っててめっちゃ面白かったんだけど、なのに由羽くんのアー写出たときの歓声のすごいこと(笑)

 

そのあとのぼやさんと星七くんでも歓声はあったけど、やっぱり由羽くんの時の歓声がいちばんすごかった。(笑)

 

 由羽くんの今回のビジュアル、バンギャルほいほいだもんね、わかる。

 

そして少しだけだけどアルバム『未完』のリード曲『未完成レプリカ』が流れて、とにかく良い感じだったことしか覚えてない(笑)ドラムで見えなかったんだもん・・・(笑)

 


mini album10.26 RELEASE!! the Raid.「未完成レプリカ」PV SPOT

 

 

 そしてさらに次のツアー「仕返し」の発表。

 

次々と発表されていく公演場所を、みんな食い入るようにスクリーン見つめて。

 

 ぼやバ、由羽バ、テンシバ公演の時の歓声もまたすごかったね。

 

映像が終わってしばらくすると『病んでる君に贈る歌』のSEが流れ、メンバーが再登場。

 

アンコール一曲目は『病んでる君に贈る歌』でした。

 

この曲、ワンコインツアーを通して振りが若干変わってて私はとても好き。

 

次の『少女A』は、これもライヴで聴くのは初めての曲でした。

 

歌詞も好きだし曲の感じも好き。

 

そして最後に『カルペ・ディエム』でアンコールは終了。

 

 

まばらなアンコールがはじまるとすぐにまたスクリーンが準備されて。

 

はじまったのは『7月27日』の動画。

 

ぼやさんの絵と、このワンコインツアー中に撮った映像を組み合わせて作られていた。

 

それはドラムセットで見づらかったのが悔やまれるくらい素晴らしいもので。

 

それは「the Raid.」の歴史を振り返っていた。

 

由羽くんが加入したときのライヴ映像。

 

そこから5人で活動してきたのに、ひとりだけ、違う道を選んで歩いて行く。

 

その様子を4人は黙って見ているだけで。

 

ここまでの絵が全部後ろ姿で顔を一切描いてないのが切なくて。

 

でもすぐに4人になった「the Raid.」に、テンシくんがあらわれた。(テンシくんの登場は本当に天から舞い降りた。)

 

星七くんとテンシくんが握手して、「the Raid.」は再び新しい5人で歩き出す。

 

 

動画が終わる直前でメンバーがステージ上に戻ってきて、『7月27日』が終わると演奏されたのは『Dearest』。

 

これが私がふたつめに良いなと思った演出。

 

 

泣いてる子を何人も見た。

 

私も泣きそうだった、でも涙は出なかった。

 

この5人で演奏する『Dearest』を、1秒でも見逃したくなくて。

 

不思議とね ほらまた君に逢いたくなって

この歌を口ずさんでしまうよ

僕の声届いているかな?

また笑ってくれるかな?

2nd mini Album『Alice.』通常盤収録曲『Dearest』より

 

最後のこの“僕の声届いているかな?”の時に、着ていたTシャツの胸元を力強くぎゅっと握りしめた星七くんの姿が忘れられない。

 

「 届いてるよ」って、思わず心の中で呟いた。

 

たぶんこのライヴが映像化されたら何度も観る場面だと思う。

 

 

『Dearest』が終わるとMCへ。

 

「本当は周年のときに『7月27日』流したかってんけど、出来なかったので今日流すことになりました。」

 

そう言う星七くんにぼやさんは「めっっちゃめんどくさかった。」と(笑)

 

「何回も言うてるけど俺らテンシくん加入するってなった時、本当は別の人入れようとしてて。最後に声をかけたのがテンシくんやってん。いろいろ話して、the Raid.の曲で一番ベースが難しいのって『嘘と雨空』らしいんやけど、何曲かスタジオで合わせるためにデータ送って。ほんなら一番簡単な『女ルカリ』でも合わせとこか~~ってスタジオで合わせて、他にもいろいろ合わせたんやけど。そしたらテンシくん、「僕the Raid.の曲好きで他にもいろいろ聴いて自分なりに音拾ってみたんで合わせてもらえませんか?」って言ってきて…」

 

ここから先は割愛しよう(笑)

 

何回も言うてるけどって言って何回も話す星七くん、本当にテンシくんで良かったって思ってるんだなって思う。

 

 星七くんだけじゃなくて、一陽さんも由羽くんもぼやさんも、みんなテンシくん大好きだよね。テンシくんがうらやましい。(笑)

 

そしてツアー初日のTSUTAYA O-WESTがSOLD OUT、ツアーファイナルの新宿BLAZEもSOLD OUTの件について触れると、「WESTはずっと宙に浮いてる感じでした。」とテンシくん。「“テンシ”だけに?」とすかさずぼやさん。

 

でも今日は大丈夫ってたしか言ってた。

 

一陽さんは、おととし初めて新宿BLAZEでライヴしたときは正直見栄を張ったって言ってた。

 

半分くらいしかお客さん入ってなくて、でも今日はいっぱい入ってて…的なこと言ってた。

 

途中星七くんからのつっこみが入りつつ良い話してた(詳しくは覚えてない)

 

 

『My Dear』では銀テープが発射されました。

 

EASTの時は1ロゴしかなくてめっちゃ掴みづらかったんだけど、今回の銀テは2ロゴあって銀と赤で可愛いテープとなってました。

 

せっかくなのでこの曲ではタオルは使わず銀テをぶんぶん回してました。

 

そして最後はやっぱり『AGEHA.』。

 

後ろでぴょんぴょん跳んでたんだけど、これループするとこ跳ぶのめっちゃ疲れるね(笑)

 

 

そんな感じで20時頃にライヴは終了。

 

 

今回、実は急遽新宿BLAZEに行くことになったんですが、(毎回このセリフ言ってる気がする)ワンコインツアー、私は2日目3日目の名古屋と浜松にしか行ってなくて、あとはリトハツアーとギガレイドでthe Raid.のライヴを観たんだけど、この新宿BLAZEではあきらかに新しいレイダーズが増えてるんだなと実感しました。

 

あとは『ゆびきり』前の声出し。

 

今までは上手でぼやさん、下手で由羽くん、センターで星七くんと3パターンあったんだけど、いつの間にか上手でぼやさんと一陽さん、下手でテンシくんと由羽くん、最後にセンターで星七くんと、全員声出しを担当するようになってて良い意味で驚いた。

 

これはギガレイド行ったときに驚いたんだけど、まだそのレポ書いてないのでここに書いとくね・・・

 

テンシくんの成長も見れたし、良いライヴでした。

 

800キャパじゃ足りないライヴだったね。

 

 

次のツアーは通常料金に戻るわけだけど、戻っても安いと思えるから不思議(笑)

 

最近は完全にthe Raid.メインで予定立ててるし毎日が楽しいです。

 

インストやライヴで話しかけてくれるレイダーズちゃんもいて私は嬉しいです。

 

何より、レイダーズのためにいろいろ考えてくれてるメンバーに感謝。

 

ありがたいことに今年は毎月the Raid.さんに会う予定あるので、またレポ書きますね。

 

それまでにギガレイドのレポ書きます!

 

 

5周年ワンコインワンマンツアー、おつかレイド!!

 

 f:id:NSCrew:20160913001253j:image